豆乳といえばやっぱり紀文

調整タイプと無調整タイプの違いは?

豆乳がブームになり、健康や美肌効能が認知されるようになってから、日常生活に取り入れるようになったという方は多くいます。スーパーやコンビニでも手軽に買えるようになりました。

メーカーはいくつかありますが、やはり紀文の調整豆乳が定番となっています。紀文からは、1リットルパックのものとして調整タイプと無調整タイプが出ています。料理には無調整、そのまま飲むには調整を、と使い分けをしている方もいます。無調整のものは大豆と水だけが原料ですが、調整ものにはさらに糖分が加えられています。

なお加熱したり酢を混ぜると分離しやすいのは無調整タイプの方ですが、効能が高く、自分で豆腐を作ることもできるため、人気商品となっています。

味や香りが苦手という人でも飲みやすい

小さなパックでは、各種味の異なる製品が出ています。 そのまま飲める状態で売られているので、料理に使うよりも手軽に毎日取り入れることができます。また、味や香りが苦手という人でも飲みやすいよう加工されているので、チャレンジしやすくなっています。

紀文の製品の中には、小さなパックではなく1リットルパックがあるものもあります。紅茶味や麦芽コーヒー、バナナがそうです。大豆成分が少なくなるので効能も緩やかにはなりますが、毎日の摂取には非常に便利です。

豆乳といえば紀文、というくらい広く知られているので、手に入りやすいです。時には好みの商品を選んで、うまく生活に取り入れていきたいものです。

紀文 豆乳ラインナップ