甘酒に豆乳をちょい足し!

飽きさせない裏技

豆乳には良質なタンパク質や脂質が含まれています。女性ホルモンに似たイソフラボンも含んでおり、美肌や健康への効能があることが知られるようになりました。 とは言ってもそれだけを継続的に飲むのは意外に難しく、飽きてしまうこともあります。

他の食品と一緒に摂取できるとより効果的です。そこでおすすめなのが、甘酒です。甘酒とは、米こうじと米を原材料とする発酵食品です。その効果は点滴と同じと言われるほどで、寒い時期に飲むだけにしておくのはもったいないほどです。ちょい足しして飲むと、どちらの効能も一緒に取り入れることができます。

甘酒の効能もプラスされる!!

豆乳と甘酒を同量で混ぜてあたためるのが基本の作り方です。沸騰させない程度にあたためてください。そこにしょうがをすりおろしたものを足しても飲みやすいものです。

ちなみに甘酒には、米こうじではなく酒粕を原料とするものもあります。市販されているものはほとんどアルコール分は飛んでいますが、飲む際は確認しておきましょう。 甘酒は夏バテ防止や肥満抑制、腸内環境にも効果的です。

豆乳と合わせることで、ダイエットや美肌にもさらなる効果が期待できます。苦手な人も飲みやすくなりますし、飽きてしまいがちなバリエーションに加えるのも長く続ける秘訣です。両方の効能を継続的に摂取して、健康的な身体を手に入れたいものです。